OLiVE's dialy

OLiVE’s diary

プログラミング初学者の独り言のようなブログです

AWS EC2とは

EC2について自分用に少しまとめたいと思います。

EC2とは

railswordpress等のシステムを稼働させる際、WEBサーバーやDBサーバーが必要になってくる。
そのときにAWS上でお世話になるのが仮想サーバーを作成できるサービスであるEC2で、その作成された仮想サーバーの事をAWS上では「EC2インスタンス」といいます。

また、この仮想サーバーであるEC2インスタンスは必ずどこかのネットワークに配置し、そのネットワークを介して通信する事となります。
その配置するネットワークというのがAWS上で仮想化されたネットワークであるVPCです、まとめると


「EC2インスタンスは必ずいずれかのVPC上に配置する必要があり、そのVPCを介してインターネット等のネットワークと通信する」


という事になります。

パブリックIP・パブリックDNS

実際にEC2インスタンスVPC内のインターネットに接続可能なサブネットに配置した際、EC2インスタンスを稼働させるとパブリックIP・パブリックDNSが自動で割り振られるが、これはインスタンスを再起動した時には変わることがないが停止し再度インスタンスを稼働した際には新たなパブリックID・パブリックDNSへと変わるので注意


※ちなみにプライベートIP・DNSはそのEC2インスタンスを終了(削除)しない限りは変わる事は無い。



と、少量だけれどもEC2について学習した事の振り返りのような感覚でまとめてみた。インスタンスの作成方法に関しては他の記事が山のようにあると思われるので今回は省略...。
その他にもパブリックIPを固定させる「Elastic IP」、DBサーバーを管理する際などに使用される「RDS」があるが、別の機会にまとめようとおもいます。。